オーディオカスタム[reAlize]岐阜店/大垣店のブログ

オーディオカスタム[reAlize]岐阜店と大垣店のたわいもない日常を書いた日記です。 新しく大垣も仲間入りさせて頂きました! 純正システムからの音質アップやハイエンドオーディオまでどんどんご相談下さい!

( ゚▽゚)/こんばんわ AV担当の920です。先週よりお預かりしていたジュークが完成しましたのでUPします。
BlogPaint



















014



















今回はパイオニア製の鉄バッフルと新商品のM&MDESINのPCD-1を使用してG500を取付しました。
002



















ご覧n通りPCDチェンジャーで6穴でもピッタリ&ガッチリ固定です。
010 (2)



















004



















黒いドア、黒いデッドニング、黒い鉄バッフルそしてゴールドに輝くリング!音には関係ないですが美しい・・・
013 (2)



















今回はTWはダッシュにフラッシュマウントで固定です。ちなみにDIATONEのG500にはフラッシュマウントは付属もしてなければ、別売りでもありませんし、もちろんDS-G20の代用でもございません。じゃあ何かと言えば、ただの非売品なんです^^; 予算の都合上、埋め込みはされないけれどもG500が付けたい!ってお客様は言って頂ければ三菱の営業マンS氏が用意してくれますw

さて、来週からはこのドイツ生まれのスピーカーを、フランス生まれの車両に取り付けだぁ
016

( ゚▽゚)/こんばんわ 少しずつですが春が近づいてきてますね。寒くて休日は部屋に篭りっぱなしでしたがそろそろ活発に動こうかと考えてる今日このごろですo(*⌒―⌒*)o最近はライトな問い合わせかが増えてきてまして、当店のデモボードにも先月取付したのがaudison APK165です。

CR-Z K様
BlogPaint



















ノブレッセのフルエアロ&ローダウンで決まってますね!012




















audison PRIMA APK165 税込25,920円です。コスパ高くオススメです!
015



















今回はインナーバッフルにパイオニアの鉄バッフルでガッチリ固定です。参考までにこのスピーカーはパイオニア製のバッフルボードでピッタリ付きますのでインナーバッフル作成しなくてもいいので予算も抑えれるますよ^^
020



















T/Wはダッシュ両サイドのもともと純正のT/Wのあった場所にフラッシュマウントで固定です。
010



















ヘッドユニットは先日取付しましたcarrozzeriaのFH-9200ですが、このデッキはマルチ接続にも対応してますのでAPK165を同じくcarrozzeriaのGM-D1400Ⅱを使用してマルチアンプで鳴らしました。
予想道理なかなかパワフルな鳴りで、どこかのCMではありませんがお値段以上の音になりました。

続きましては
ニッサン ジューク H様
BlogPaint



















ちょっとピンボケでごめんなさい
018



















DIATONE DS-G500&NR-MZ200の組み合わせです^^
017 (2)



















今回はM&Mさんから新発売されたパイオニアのメタルバッフルに対応させたPCDチェンジャーを使用してG500を取付していこうかと思います。音には関係ないですが金色がゴージャスですよね。
014



















013



















本日もカスタムの問い合わせが数件ありましたが、現在の予約状況は4月中旬まで埋まっておりますので、ご予約はお早めにお願いします><ただし、今回のCR-Zのようなライトな仕様であれば入庫できますのでお問い合わせくださいませ。

( ゚▽゚)/こんばんわ AV担当の920です。今日は忙しかったw久々にばてました。ジュークのH様、アルファードのM様ご成約ありがとうございました^^シトロエンのお客様もいいお返事お待ちしてますね^^

僕が忙しいのは年中のことなのでおいておきまして、みなさん!ズバリ!カーナビのご購入をお考えでしたら今がチャンスですよ!オートバックスでは2月24日(金)~3月26日(日)の期間中に当店指定のカーナビをご購入いただきますと最大で5万円のキャッシュバックを行います。詳しい内容は店頭にてスタッフがご案内させていただきますね。
キャッシュバック





































このページのトップヘ